火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 埼玉 さいたま市(浦和区・大宮区・中央区・緑区 他、市内全域)

HOME > 目的別保険相談 > 住宅ローンで新築住宅を建てました。火災保険の「家財」に入っておいた方がいい?

火災保険の新規加入

住宅ローンで新築住宅を建てました。火災保険の「家財」に入っておいた方がいい?

2017年12月07日

【ご相談事例】

住宅ローンで新築住宅を建てました。
火災保険の「家財」に入る予定はないのですが、建物には質権が設定されるから、火災保険の「家財」に入っておいたほうが生活再建に役立つと言われました。
どういうことですか。

【ご回答】

住宅ローンを利用してマイホームを購入すると、金融機関から火災保険に「質権」の設定を求められる場合があります。

火災保険に質権が設定されると、火災などによって建物が焼失した場合、火災保険から支払われる保険金は金融機関に優先的に支払われ、融資の返済に充てられます。

もしも融資の残りが多いと、支払われた保険金が融資の返済に使われ、火災保険の契約者にはほとんど保険金が残らない可能性もあります。

そこで、火災保険の「家財」に入っておくと、建物といっしょに焼失した家財を買いそろえるための費用を保険金によって捻出できます。

「うちには高額なものなんてないから…」といった理由から家財の火災保険に加入されない方もおられますが、火災に遭えば、新しい生活をスタートするまでに様々な出費が重なります。

火災保険の「家財」には必ず入らなければならないというわけではありませんが、万が一の場合を考えると安心できるといえるでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 吉田裕一

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 ほっとステーション

営業時間/平日 9:00~18:00
土日祝 10:00~17:00

TEL:048-824-7560/FAX:048-831-7321

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-22-15

公共交通機関をご利用の場合

京浜東北線 北浦和駅西口下車 徒歩5分

お車をご利用の場合

事務所となりに駐車スペースがございます。

駐車場あります!
アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク