生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 埼玉 さいたま市(浦和区・大宮区・中央区・緑区 他、市内全域)

HOME > 目的別保険相談 > いずれ生命保険に入るなら、若いうちに入ったほうがいいというのは、本当ですか?

生命保険の新規加入

いずれ生命保険に入るなら、若いうちに入ったほうがいいというのは、本当ですか?

2018年05月11日

【ご相談事例】

現在20歳です。
健康には何の不安もないのですが、職場に来た保険会社の方から生命保険の加入を勧められました。
いずれ生命保険に入るなら、若いうちに入ったほうがいいといわれたのですが、本当ですか。

【ご回答】

生命保険にはさまざまな種類があり、その必要性は契約者それぞれ異なります。

また、若い時は健康に不安のない方も多く、保険料を支払っても無駄になってしまうと考える方も多いようです。

しかし、若い時に生命保険に入ると次のようなメリットがあります。

1.保険料が安い

生命保険の保険料はリスクに応じて決まるため、健康な若い人が加入する際には安い保険料で加入ができます。

また、生命保険の中には加入時の保険料が生涯変わらないものもあるため、保険料が安い時に加入しておくと、老後の保険料の負担を減らすことも可能になります。

2.健康に不安がないから入れる

年齢を重ね健康に不安が生じてくると、病歴や持病といった健康状態を理由に生命保険の加入が断られることがあります。

生命保険の必要性が高まってからでは遅いケースもあるので、いずれ加入するのであれば早めに入っておくといいかもしれません。

また、生命保険の中には解約した際に解約返戻金が受け取れて、貯蓄性の高い商品もあります。

生命保険の加入を検討する場合には将来のライフプランなども考慮して、無理なく続けていけるプランを選ぶといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 山田善信

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 ほっとステーション

営業時間/平日 9:00~18:00
土日祝 10:00~17:00

TEL:048-824-7560/FAX:048-831-7321

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-22-15

公共交通機関をご利用の場合

京浜東北線 北浦和駅西口下車 徒歩5分

お車をご利用の場合

事務所となりに駐車スペースがございます。

駐車場あります!
アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。